インフォメーション

東日本大震災を、いま読む ―いま、仙台で読みたい震災関連本30冊― 仙台オヤジ編集者3人衆セレクション

東日本大震災を、いま読む

―いま、仙台で読みたい震災関連本30冊―
仙台オヤジ編集者3人衆セレクション
今年もまた私たち3人のセレクトした「いま読むべき東日本大震災関連本」をお届けすることになりました。
昨年の3月には「仙台オヤジ編集者3人衆」として年末ベストテンを発表していた私たちに
仙台市内の書店さんからお声がけいただいて「震災関連本50冊」を選書、ブックフェアやトークイベントを行ないました。
2000冊、3000冊、あるいはそれ以上ともいわれる震災関連本の奔流のなかで、
被災地に暮らす私たちがいまなにを読むべきなのか、そのひとつの指針となることを目指しました。
続いて昨年の夏、東京・リブロ池袋本店のブックフェア〈東北─可能性としてのフロンティア─〉の企画のひとつとして
「いま、東京の読者に読んでほしい震災関連本30冊」を選書。これもまたブックフェアやトークイベントが開催されました。
今回は、この3月1日と2日にせんだいメディアテークで開かれる
〈としょかん・メディアテークフェスティバル─対話の可能性─〉の一環として、やはり震災関連本30冊を選びました。
この1年に刊行された本のなかから、いま、仙台で読みたい震災関連本30選です。
会場では30冊の展示紹介と共に私たちのトークイベント〈在仙編集者による震災トークライブ〉も同時に開催されます。
あの日から三年が過ぎようとするいま、本を通じてもういちど東日本大震災を考える、そんな契機としていただければと願っています。

2014年2月

川元茂(プレスアート)
小林直之(東北大学出版会)
土方正志(荒蝦夷)

〈在仙編集者による震災トークライブ〉
・3月1日(土)15:00~17:00
・せんだいメディアテーク1階オープンスクエア
・入場無料

〈としょかん・メディアテークフェスティバル〉
http://www.smt.jp/toplus/#1fzaisen

〈30冊リスト〉

1/調律師/熊谷達也/文藝春秋/1750円+税

2/還れぬ家/佐伯一麦/新潮社/2300円+税

3/光の山/玄侑宗久/新潮社/1400円+税

4/廃炉詩篇/和合亮一/思潮社/2000円+税

5/想像ラジオ/いとうせいこう/河出書房新社/1400円+税

6/双頭の船/池澤夏樹/新潮社/1500円+税

7/晩年様式集/大江健三郎/講談社/1800円+税

8/三陸の海/津村節子/講談社/1200円+税

9/蒼茫の大地、滅ぶ/西村寿行/荒蝦夷/2300円+税

10/フクシマノート 忘れない、災禍の物語/ミカエル・フェリエ/新評
論/1900円+税

11/サブミッション/エイミー・ウォルドマン/岩波書店/3200円+税

12/ザ・ゼロ/ジェス・ウォルター/岩波書店/3200+税

13/I【アイ】第3集/いがらしみきお/小学館/1429円+税

14/兵士は起つ 自衛隊史上最大の作戦/杉山隆男/新潮社/1600円+税

15/プロメテウスの罠5/朝日新聞特別報道部/学研パプリッシング/1238円+税

16/東日本大震災 希望の種をまく人々/寺島英弥/明石書店/1800円+税

17/未来へ伝える私の3・11 語り継ぐ震災 声の記録①②/IBC岩手放送/竹書房/各1600円+税

18/福島と原発 誘致から大震災への五十年/福島民報社編集局/早稲田大学出版部/2800円+税

19/メディアが震えた テレビ・ラジオと東日本大震災/丹羽美之・藤田真文編/東京大学出版会/3400円+税

20/復興文化論 日本的創造の系譜/福嶋亮大/青土社/2200円+税

21/東北発の震災論 周辺から広域システムを考える/山下祐介/ちくま新書/880円+税

22/北のはやり歌/赤坂憲雄/筑摩選書/1500円+税

23/漁業と震災/濱田武士/みすず書房/3000円+税

24/住まいを再生する 東北復興の政策・制度論/平山洋介・斎藤浩/岩波書店/2900円+税

25/巨大地震の科学と防災/金森博雄/朝日選書/1300円+税

26/地震のはなしを聞きに行く 父ななぜ死んだのか/須藤文音・下河原幸恵/偕成社/1400円+税

27/原発広告/本間龍/亜紀書房/1600円+税

28/福島第一原発収束作業日記 3・11からの700日/ハッピー/河出書房新社/1600円+税

29/放射能問題に立ち向かう哲学/一ノ瀬正樹/筑摩選書/1600円+税

30/原発と活断層「想定外」は許されない/鈴木康弘/岩波科学ライブラリー/1200円+税

大人のためのプレミアムマガジンKappo

最新号

2017.10.5(木)発売

Kappo 仙台闊歩
11月号

(vol.90)

  • 創刊15周年記念号!
    巻頭特集 紅葉を遊ぶ
BackNumber
ページトップへ

Kappo発行: