Kappo 仙台闊歩

NEW FOOD 2020.02.12

宮城 もてなしの名店 昼編 vol.2『おかざき 西公園前』from Kappo Vol.104

PHOTO_池上勇人
TEXT_ナルトプロダクツ

POINT

Kappo3月号の巻頭特集から注目の店をピックアップしてお届けします。

色のない建物の中に数寄屋の清廉を隠し、公園前に佇む『おかざき』。一間廊下の最奥には、切り絵の蔵王大雪渓と寒椿。どこか遠くの春を先取りするのではなく、いま、この仙台に訪れんとしている春を。それは、岡崎敏彰さんの料理の在りようにも続いている。
この日仕入れた1m級の真鱈は、北の海の名残の旬。焼物には湯引きした白子を使い、村田町の桜中味噌で柚子釜に。柚子の香りと酸味、すっきりとした甘みの味噌ダレが白子の濃厚と絡み、実に贅沢な味わいだ。

おかざき 西公園前

住所
仙台市青葉区立町19-16
電話
022-265-3688
WEB
http://www.nihonryori-okazaki.jp/

■ Kappo 2020年3月号 vol.104 ■
巻頭特集「もてなしの名店 昼編」では、仙台+仙台近郊にあるランチの名店を紹介しています。
特別な日に食べに行きたい専門店の天ぷら、うなぎ、鉄板焼などのほか、夜と同じクオリティのコース料理が楽しめる日本料理やフレンチ、イタリアンの名店、観光地近くにある、足を伸ばしてでも行きたい佳店を掲載しています。

本誌の詳しい内容やご購入はこちらからどうぞ

BACK TO LIST
宮城 もてなしの名店 昼編 vol.1『Graal』from Kappo Vol.104前の記事へ
宮城 もてなしの名店 昼編 vol.3『龍天江』from Kappo Vol.104次の記事へ