Kappo 仙台闊歩

NEW CULTURE 2020.09.15

【オンライン開催中!】みちのおくの芸術祭「山形ビエンナーレ2020 山のかたち いのちの形~全体性を取り戻す芸術祭~」第2弾

山形市内を舞台に様々な芸術作品、活動を発表してきた「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」。東北芸術工科大学が2年に1度主催する芸術祭で、今年で4回目を迎えます。
宮城県内の方でも、耳にしたこと、訪れたことがある人も多いのではないでしょうか?

今回は、コロナ禍での新しい芸術祭の可能性を示すべく、オンラインを中心としたプログラムを展開。9月5日(土)~27日(日)までの会期中、毎週金~日曜・祝日に新作コンテンツを発表するほか、オンデマンドで視聴できるコンテンツを発信しています。
多くのゲストアーティストと共に、芸術文化の存在意義、価値を山形から発信する、注目の芸術祭です。

芸術祭の軸となる7つのプロジェクト

山形ビエンナーレ」の軸となるのは、全部で7つのプロジェクト。アーティストよるトークイベントやライブパフォーマンス、山形の郷土史にまつわる研究発表、作家と対話できるオンラインの陶器市など、多彩なプログラムが予定されています。

プログラムは一部有料コンテンツを除き、なんとほとんどが無料で視聴が可能。興味のあるコンテンツをタイムテーブルから選んで視聴することができます。

9月6日(日)のタイムテーブル。ここから好きなプログラムを選択し、視聴画面に飛ぶことができる。

今回は第2弾として、軸となるプログラムの中から3つのテーマをピックアップ。その内容を紹介していきます。

05 — 「山の上の陶器市」

前回の山形ビエンナーレ2018で好評だった「山の上の陶器市」が、今回はオンライン上で開催。参加作家との対話から作品の購入までをオンラインで行ないます。

【プログラム例】
■9月13日(日)15:00~16:30/山の上の陶器市 参加作家トーク
(出演=大原光一、浜坂尚子、栢野紀文、うつわやみたす、田村一、根本裕子、長谷川奈津(予定))
陶器市に参加する作家との対話の場。
※登壇者は、出品作家のうち当日予定が合う作家のみ参加。

■9月21日(月)15:00~16:30/ショップチャンネル
(出演=佐藤慎太郎、中﨑透、深井聡一郎)
ビエンナーレの企画内で販売される様々な器を、美術界の陶芸マニア中崎透氏と深井聡一郎氏の2人が語り合う。また、乃し梅本舗佐藤屋の佐藤慎太郎氏が、今回の企画のために生み出された菓子について説明する。

★ショップチャンネルはこちら

06 — 「まちとひと」

山形駅前大手門通りすずらん商店街を舞台に、アーティストやデザイナーが市民とともに、多様性や調和、学びや営みといったテーマで様々なコンテンツを展開。市民・アーティスト・デザイナーの三者による、新しい「街と人のかたち」について多角的な視点で検証していきます。

【プログラム例】
■9月12日(土)20:00~21:30/まちとアート ハレの養生
(出演=渋谷七奈・福田美里・前田明日美・増子博子)
プロジェクト参加アーティストによる、アートと街をつなぐトークライブ。山形や芸工大とゆかりのあるアーティストたちが、街(=地域)とアートの共存や共働について各自の視点から探る。

■9月18日(金)20:00~21:00/21:00~22:00/まちとデザイン 山形エクセレントデザイン~根っこの話~
(出演=山本製作所、渡辺吉太、阿部産業、萩原尚季、大場智博、木川喜裕)
山形や東北の街(=地域)の営みとデザインの関わりを多角的に検証。昨年で11回目を数える「山形エクセレントデザイン」の取り組みを通して、山形のデザイン活動についても俯瞰的に捉える。

■9月22日(火)20:00~21:30/まちのおくゆき~まちにあーとをひらく~
(出演=柴崎由美子、イシザワエリ、佐藤敬子)
多様性の受容・調和などをテーマに、障害のある人の表現活動が街や人とどのように関わっていくのかを検証するトークライブ。日本各地の取組みも紹介しながら話題を展開する。

07 — 「PINK PUBLIC PROJECT」

コロナ禍の新たな時代に向き合う市民の方々から、山形市にある施設「山形まなび館」の1階に、インタビューを行い、採集した言葉を保管する「PPP ROOM」をオープンしました。言葉の収集プロセスとアートを通して山形の意識を変えていくプロジェクトです。2022年の作品化を目指しています。

★開催期間中オンデマンド配信はこちらから。

「山形ビエンナーレ」で芸術の秋を先取りしてみては?

第1弾・第2弾と紹介してきた「山形ビエンナーレ」。会期中はここでは紹介しきれない程たくさんのプログラムが用意されています。
秋といえば、“芸術の秋”。ぜひオンライン開催の「山形ビエンナーレ」で、山形から発信される地域のアートの魅力を体感してみてはいかがでしょうか?

■山形ビエンナーレ2020■
HP(https://biennale.tuad.ac.jp/
Twitter(https://twitter.com/YBkoho
Instagram(https://www.instagram.com/yamagatabiennale/
facebook(https://www.facebook.com/YamagataBiennale

BACK TO LIST
【オンライン開催中!】みちのおくの芸術祭「山形ビエンナーレ2020 山のかたち いのちの形~全体性を取り戻す芸術祭~」第1弾前の記事へ
【石巻でねこに癒される】ねこ尽くしのイベント「いしのまきねこふぇす2020」&「かわべでシアター」次の記事へ