Kappo 仙台闊歩

FOOD PR 2022.03.10

名人のこだわりと手仕事が映える、季節の味わいと美酒を堪能する喜び【暁月】

和の佇まいとモダンな雰囲気が心地よい『暁月』。数多の食通たちを唸らせているのが親方の渡邉貴之さんだ。人気店がひしめく東京・西麻布の中でも老舗として知られる『鮨寛』で20年にわたり修行し、卓抜した腕前とセンスが高い評価を受け、美食の国イタリアに招聘。当地で鮨を握った経験を有するなど名人と呼ぶにふさわしい足跡を刻んでいる。

「日本の四季を感じる最高の旬を味わってほしい」という思いから仙台、東京・豊洲など、全国の市場におけるその時々の旬を見極め、最良のネタを厳選。旬が過ぎれば料理を替えるほか、旬の狭間には、走り、盛り、名残りといった時期を逃さず、一切の妥協を許さない料理を提供している。また、同店の代名詞となっているマグロは、通年食べてもらえるようにと国内外を問わず上質なものを取り寄せているという。そんな旬のネタを〝口福〟の鮨へと仕上げていくのが精緻な職人技。「奥の個室に提供する僅かな間にも味は変わってしまう」という鋭敏な感覚を活かし、席によって握り方に強弱をつけるなど、常に最良の状態で提供している。鮨と相性が良いとされる日本酒は宮城の地酒「一ノ蔵」を中心に用意。ワイン党には嬉しい白ワインも揃える。

万全の感染対策が施されている店内で日常の雑事を忘れ、最良のネタが生きる鮨と美酒で満足行くときを愉しみたい。

「黒いダイヤ」と称される大間マグロを素材とする「握り」と「鉄火巻」。最上級の旨みを堪能したい。

日本酒は麹の香りがネタの旨みを際立たせてくれる「一ノ蔵」を中心に提供。魚介と相性がいいボトルを厳選した白ワインも揃えている。

凛とした空気感が心地いい店内。総檜のカウンターはフラットな造りになっており、店主の繊細な職人技を鑑賞できるのも楽しみの一つだ。

入口には月と魚の尾をモチーフにしたロゴが仄かに浮かぶ。店内にはカウンター9席と6名用の個室を用意。

暁月(あかつき)

住所
仙台市青葉区国分町2-9-37 レインボーステーションビル1F
電話
022-35-5822
時間
17:00~23:00(LO22:00)
休日
日曜、祝日
WEB
https://sushi-akatsuki-japan.com/
BACK TO LIST
松島の旅がもっと快適に! JR仙石線 「松島海岸駅」 グランドオープン!前の記事へ
酒好きの新たな聖地として話題。憧れの高級酒を飲み比べてほしい【buzaemon】次の記事へ