Kappo 仙台闊歩

SPECIAL 2022.02.14

【Kappo最新号チラ見せ】『森民酒造』(現モリタミ)酒造再興、新たなる志

 2022年1月、かつての老舗酒造『森民酒造』(現モリタミ)の4代目・森將さんが、新しい銘柄を発売した。『モリタミ』の前身は大正13年(1924)年、長町に創業した『森民酒造』。若林区荒町にある『森民酒造本家』から分家し「民光」を代表銘柄として酒造りを続けていた。しかし、宮城県沖地震で被災し、酒蔵免許を返納。現在は休業中だが、その後も酒販店として酒とともに歩みを進めてきた。

 「海外では日本酒は“SAKE”としか書かれておらず、日本産ではないことも多かった。本物の味を知っている人は少ない。日本酒は“SAKE”ではなく“JAPANESE SAKE”であることを発信したい」と実家に戻り、2年の歳月を経て一から酒造りの準備を始めた。

取締役の森將さん。ゼロベースで酒造りを始めたいと、資金集めからスタート。タッグを組んだ横手市「大納川酒蔵」にも、ほぼ飛び込みで営業に行ったそう。その決意は固い。

 酒造りの経験を持つ父・信之さんにも教えを請い、秋田の酒造の手を借り醸した「SAKE DRESS」。濃厚かつ爽快な味わいで、コクのある料理にも合う。中でも森さんが一番こだわったのは香りだ。「一番にインパクトがあるし、記憶に残るのが香りです。ラ・フランスのような、フルーティな香りになりました」と“至極の香滴”を冠する所以を話してくれた。
 酒造りを経て「日本酒を造れるのは、日本人の繊細さ、誠実さ、勤勉さと、日本の気候があったからだと思っています。ゆくゆくは、日本酒の文化そのものを世界に発信していきたいです」。でもまずはファンづくりからですね、と笑う森さん。

「SAKE DRESS」はECサイトでの販売のほか、市内の飲食店でも提供。第二弾のリリース予定もある。

 「SAKE DRESS」という名前には「ドレスを身にまとった女性がスポットライトを浴びるかのように、その場や人々を魅了してほしい」との想いが込められている。かつて醸していた「民光」も、創業時に流行していた病や天災に対して、世の中を明るくしてほしいと付けられた名だという。新しい銘柄に希望と未来を託した彼の挑戦は、まだ始まったばかりだ。

森民酒造(現モリタミ)

WEB
https://sakedress.com
備考
メール/info@sakedress.com(SAKEDRESS窓口)
BACK TO LIST
【連載第2回】相続専門の税理士に聞く「損しないために 知っておくべき 数字」前の記事へ
History of Masterpiece by NODAYA ~オーディオ名機の物語~次の記事へ