Kappo 仙台闊歩

FOOD 2020.07.20

【最新情報あり】⑧暑い日に食べたい!宮城・仙台そばの名店 – 花いかだ

PHOTO_菊池淳智
TEXT_菅原ケンイチ、編集部

じめじめとした蒸し暑さが続くと、どうしても食欲が無くなりがち。
そんな今の時期にこそ食べたいのが、ツルっとさっぱり食べられるそばですよね。
昨年発売したKappo特別編集『本当にうまい そばの名店 宮城』から、ぜひ行ってほしい編集部おすすめのお店をピックアップ。
店舗の最新情報と合わせて、ぜひチェックしてみてください。

【おすすめPOINT】季節の花々に囲まれる、里山の中の手打ちそば店

『花いかだ』は、岩沼から西に入った里山の山合いにある。下草の手入れされた雑木林。春はアズマイチゲやニリンソウが咲き乱れ、夏はキツネノカミソリでオレンジ色に染まるそう。里山ならではの新緑や夏の緑、秋の紅葉、葉の落ちた明るい冬の景色など、四季を通じて美しい風景が楽しめるという。庭や山の手入れをしているのは、店主の父。ここで採れた山菜やタケノコ、隣家の柚子なども料理に使われている。敷地内には、店主の弟夫婦が営む陶芸工房と産直所があるので、帰りに立ち寄ってみるのも楽しい。

「天せいろそば」1628円。手打ちのそばは、国内産の石臼粗挽き粉を使った二八。

『花いかだ』のそばは二八で、豊かな風味を併せ持つ本格のもの。山形の製粉業者から最高級の石臼挽き粉を仕入れている。訪問客の8割が女性で、「天せいろ」と共に人気なのが「花いかだ膳」。「花おろしそば」の他に、小鉢3つ、一品料理、デザートにコーヒーが付いて、2970円。女子会ランチをしながらおしゃべりを楽しむお客さんが多いそうだ。

「花いかだランチ」1320円。平日10食限定のリーズナブルな人気メニュー。予約は不可。

■暑い日に食べたい! 宮城・仙台そばの名店■
鹿落堂(太白区向山)
手打ち蕎麦 山がた(青葉区本町)
蕎麦と酒 おもたか(石巻市)
手打そば 康正庵(青葉区中山)
里山Dining 七ッ母里(黒川郡大和町)
そば処 萬乃助泉本店 (泉区)
蕎花(泉区)

花いかだ

住所
柴田郡柴田町大字富沢字猪倉26-46
電話
0224-56-2531
時間
11:00~16:00(LO15:30)
休日
木曜(祝日の場合は翌日)
備考
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間短縮や臨時休業、一時的な業態変更の場合があります。最新情報はお店にお問い合わせください。
BACK TO LIST
【対談】真田啓介ミステリ論集『古典探偵小説の愉しみ』発売記念 真田啓介さんに聞く「本格探偵小説の魅力」前の記事へ
【WEB連載】再録「政宗が目指したもの~450年目の再検証~」最終回 「伊達文化」の実像次の記事へ